交通事故でやるべきこと|瀬戸市・尾張旭市の交通事故・むち打ち治療なら、たいよう接骨院

交通事故・むちうち治療ナビ
交通事故でやるべきこと

必ず警察に連絡しましょう

必ず警察に連絡しましょう

警察イメージ

警察へ連絡を行うことによって、交通事故証明書の発行を受けることができます。
警察へ連絡せず、示談でその場で終わらせてしまった場合は、後日、交通事故の保険(自賠責保険)の適用を受けられなくなりますので、必ず警察に連絡をしましょう。

交通事故直後に痛みがなくても、後日、痛みが出てくることが多いので、人身事故扱いにしてもらいましょう。
相手が誰なのかを確認しましょう
交通事故によって負傷した度合いによっては、難しいこともありますが、必ず確認しておきたいのが、相手の身元の確認です。

まずは、相手の身分証で、住所・氏名・連絡先をお互いに確認します。名刺があれば、名刺をいただきましょう。
次に車の事故の場合は、ナンバーを控えておきます。
車検証で車の所有者と、運転者が同一人物か確認し、違う場合は車の所有者をメモしておきます。
  
自動車保険は、どこの会社の保険に入っているのかを確認します。
可能であれば、それらの書類をコピーさせてもらいましょう。
現場の保全をしましょう

事故イメージ

事故の状況によっては、車を移動させて安全を確保しなければなりません。
余裕があるようであれば、携帯電話のカメラなどで、現場を撮影してから移動させるのが一番よいですが、無理をする必要はありません。

車であれば破損個所、自分の怪我の状況、違法駐車などがないかなどの現場の状況をカメラやメモで記録して残しておきましょう。
後日確認する場合でも、現場の景観が変わってしまう前に、早めに記録しておくようにしましょう。
保険会社に連絡しましょう
ご自身が加入している自動車の損害保険会社に連絡をしましょう。
保険会社に、確認した相手の情報を伝えれば、その後の相手とのやりとり、相手の保険会社とのやりとりを、ご自身の保険会社が代行してくれます。

また、ご自身で加入している任意の損害保険がありましたら、そちらへの連絡もしましょう。
診察を受けましょう
交通事故の後に、体に痛みを感じたらできるだけ早く当院にご相談下さい。
交通事故のような大きな衝撃の加わる事故では、少しでも早く治療を開始したほうが早期回復につながります。

また、自賠責保険での治療や、保険会社との手続きのサポートも致します。

病気やケガを心配

当院では、今までの施術経験を生かし、患者さまと相談しながら治療計画を決めていき、一人ひとりにあった施術で早期回復を図っています。
 
ごくまれに、保険会社の担当者に接骨院への通院を断られる場合があるようですが、これは保険会社の認識不足で、通院先を選ぶのは保険会社ではなく患者さま自身ですので、安心して来院して下さい。
  
また、保険会社に断られた場合は、責任を持って当院が保険会社に連絡を致します。
検査を受けましょう
脳の異常や骨折などがないか、病院でレントゲンやMRIなどで画像診断してもらいましょう。
  
そして、脳や骨に異常がなくても交通事故では体に大きな衝撃が加わるため、必ず痛みがなくなるまで治療を受けましょう。

店舗外観

瀬戸尾張旭の真ん中にある接骨院です。

たいよう接骨院 愛知県尾張旭市狩宿新町2-10

尾張旭の交通事故・むちうち治療専門院です。
尾張旭からむちうち患者さまが来院されています。
交通事故治療むちうち治療

このページの先頭に戻る