尾張旭市のむちうち治療ならたいよう接骨院にご相談ください。

交通事故・むちうち治療ナビ

尾張旭市のむちうち治療

交通事故によるむちうちでお困りの方は、尾張旭市のたいよう接骨院へお越しください。
骨折や捻挫などの一般的な施術のほかにも、交通事故治療にも力を入れていて、現在病院に通っていてなかなか症状が改善しない方の転院も可能です。
気になる治療費も、接骨院でも交通事故に逢った方の治療を保険適用で行うことができるので、自己負担を0円で施術を受けることもできます。

むちうち治療 尾張旭市

当院では「公益社団法人 愛知県柔道整復師会」であり、整形外科との併院も可能となっています。
保険会社に「整形外科しか保険は使えない」と言われたなど話がうまく進まない方も、当院にご連絡いただければ問題を解決できますので、何なりとご相談ください。当院では保険会社とのやりとりもサポートしていて、分からないこともきちんと説明して、納得のいく施術を受けることができるようになっています。
当院へは毎日100人以上の患者様が施術に訪れますが、むちうちなど交通事故に逢われた方もたくさんいます。これまでの経験をフルに活かして、一人ひとりの症状をしっかり診て、最適な施術を提供させていただきます。
交通事故治療やむちうちのことで分からないことがあるなら、どんな小さなことでもお気軽にお問合せください。

01接骨院で行われるむち打ち治療とはどのようなものなの?

交通事故に逢ったときに良くなる「むち打ち」とは、首がむちのようにしなることからそのような名前がつけられています。車が衝突したときなどの衝撃により、首がむちのようにしなることで起こる頸部外傷の症状の一つです。
「むち打ち症」というのは医学的な傷病名ではなく、「外傷性頸部症候群(頸椎捻挫・頸部挫傷)」「神経根症(頸椎椎間板ヘルニア、頚椎症性神経根症)」「脊髄損傷」などが、医師が診断するときの傷病名です。
むち打ち症になると、すぐには症状がでないケースも多く、数日後に首や肩や腕などに痛みを感じるようになり、場合によっては手がしびれたり肩がしびれたり、吐き気などの症状を引き起こすこともあります。

接骨院で行われるむち打ち治療とはどのようなものなの?

また、めまいや耳鳴りや息苦しさを感じたり、眼精疲労を発症したりこともあります。さらに、食欲不振や脱力感が発生して、意欲が低下しうつ病になってしまう方もいるようです。
むち打ちは、程度が酷くなれば大変な症状を引き起こす病気なので、まずは整形外科で治療を受けることをおすすめします。
その後には接骨院で治療を受けることも可能で、医師では完治できなかったような痛みを接骨院で取り去ることもできるようになっています。

02接骨院でむち打ち治療を初めて受ける方に知っておいて欲しいこと

接骨院でむち打ち治療を初めて受ける方に知っておいて欲しいこと

早く痛みを緩和させようと、医師の診察を受けずに接骨院に駆け込むと、交通事故の損害賠償額が減ってしまうこともあるので注意してください。
接骨院でもむち打ちの治療を受けることはできますが、接骨院に医師はいないため診断書を作成してもらうことはできません。
また、交通事故の程度や施術を行う部位や回数などによっては、加害者側の保険会社の対応によって施術費用の支払いを拒否されることもあるので気をつけなくてはいけません。
交通事故の裁判においても、接骨院での施術の必要性や有効性や施術内容の合理性などの相当性が必要になることもあり、治療の必要性や相当性に関しては医師の指示を受けたかどうかが重視されるケースが多く見られるようです。
はじめは整形外科で医師に診てもらいむち打ちの治療を受けたとしても、その後に医師の指示もなしに接骨院で治療を受けると、早期に保険会社からの治療費の支払いをストップされてしまうこともあります。
医師の診察を受けない限りは、症状の推移に関する医療記録が作成されることがないため、加害者側の保険会社としてはどこまでが事故との因果関係があるか判断できないということで、賠償すべき金額を減らすということです。

03むち打ち治療を受ける方が抱える3つのお悩みを紹介

1.接骨院で施術を受ける前に保険会社に確認しよう
 
交通事故の被害者になってむち打ち治療を受ける場合に保険を適用させたければ、治療を開始する前に保険会社に確認しておくことをおすすめします。
保険会社に治療費などを請求する場合は医師の診断書などが必要になることもあり、医師のいない接骨院では治療費を支払ってもらえなくなる可能性が高くなるようです。
また、最初は病院で治療を受けていたのに、途中で接骨院に通院する方も多いみたいですが、保険会社の了解が得られるまでは、病院への通院も継続することを推奨します。

2.症状や治りが遅くなることもある?
 
むち打ち治療をするために接骨院に通う方の中には、病院ではない場所で治療を受けることで症状や治りが悪くなることを心配される方も少なくないようです。
接骨院でもむち打ち治療を行っているところも多いため、過度な心配は不要ですが、病院で診てもらう前に炎症や痛みを和らげようとして接骨院や整骨院でマッサージを受けてしまうと、悪影響を受けてしまう恐れもあるので注意しなくてはいけません。

3.接骨院では健康保険が使えないの?
 
交通事故治療やそれ以外でも接骨院で健康保険を使うことはできますが、治療内容や状況によってはむち打ち治療でも保険が適用にならないこともあります。
そのため接骨院で施術を受ける前には、保険が適用になることを確認してください。

04むち打ち治療の種類にはどのようなものがあるの?

むち打ち治療は、整形外科や接骨院などで受けることができますが、治療の仕方は通う医院などによって異なります。
あまりにも痛みが強く我慢できないような場合は、整形外科では「神経ブロック注射」を打って痛みを緩和させるケースも多いです。神経ブロック注射とは、局部麻酔を神経やその周辺に注射して痛みをなくす治療法です。
麻酔が神経に作用すると、感覚を伝達する経路がブロックされて痛みがなくなるという仕組みです。痛みが緩和されると血流が良くなって、事前治癒力が高まります。
その他のむち打ち治療の方法としては、頸椎固定具の装着、マッサージ、運動療法、内服薬や湿布の使用などがあります。
整形外科で治療を受けて主治医からの許可を得られれば、接骨院で施術を受けることも可能です。そうすれば、接骨院の施術費も加害者側の任意保険会社に請求することが可能になります。
接骨院でも病院と同じような治療も、接骨院ならではの治療も受けることができますが、大事なことはいきなり接骨院で治療を受けるのではなく、まずは整形外科で診察を受けるようにすることです。そうすることにより後々の保険に関するトラブルを回避できます。

05瀬戸地域を中心にむち打ち治療を含む幅広い施術を提供

愛知県尾張旭市にある接骨院で、瀬戸地域を中心に、骨折、脱臼、捻挫、打撲などの症状からむち打ちなどの交通事故治療まで幅広い施術を提供しています。
尾張旭市は、愛知県の中心地である名古屋市に隣接している街で、電車を使えばわずか20分で名古屋の中心地に行くことができるようになっています。
尾張旭市は、愛知県の中西部に位置する名古屋市と瀬戸市のベットタウンとして発展してきた都市で、市内の各地にため池があるのが特徴で、市内には豊富な自然を擁しています。
県内有数の住宅都市であることから、大型ショッピングセンターをはじめとする商業施設も充実していて、生活に不便することはありません。
また、尾張旭市は世界保健機構が取り組む「健康都市連合」の一員になっており医療、教育、環境の向上に積極的に取り組んでいます。
尾張旭市には、縄文時代から人が暮らし始めたと言われていて、弥生時代にはすでに集落が誕生していたようです。古墳時代には、東海地方の中で最も早く須恵器の生産が始まっていたことが判明しています。
江戸時代には開田や開畑が進められ、農業を主産業として発展を遂げていきました。明治時代には養蚕業が盛んになり。昭和になると陶磁器工業が始められました。

06接骨院でむち打ち治療を受ける際の費用の目安とは

交通事故の被害者になって接骨院でむち打ちの治療を受ける場合は、治療費がどのくらいかかるかが心配なるという方も少なくないと思います。
自賠責保険の保険金の支払い基準には、「免許を有する柔道整復師、あんま・マッサージ・指圧師、はり師、きゅう師が行う施術費用は、必要かつ妥当な実費とする」と定められているため、基本的には治療費の心配をする必要はありません。
ただし、加害者側が加入している任意保険から治療費や損害賠償を受け取るためには、最初に病院でも診察を受けることが条件にされていることもあり、

接骨院でむち打ち治療を受ける際の費用の目安とは

さらに後遺障害の認定を受けるためにも整形外科での受診が推奨されているので、その点には十分に注意をしなくてはいけません。
確かにむち打ち治療を行うことができるのは医師だけではなく、治療期間に制限がある病院ではなく、接骨院などに通い続けることにより痛みを完治させることできます。しかし、後遺障害診断書は医師でしか作成することができないため、後遺障害の認定を得るには整形外科での診断が不可欠になります。
また、治療費が滞りなく支払われるようにするためにも、はじめから接骨院に駆け込むことはおすすめできません。

07むち打ち治療を受ける接骨院を選ぶときの3つのポイントとは

01整形外科との信頼関係が構築されている

接骨院でも交通事故治療に対応しているところは多く、むち打ちを改善するために接骨院に通院して確かな結果を出している方もたくさんいます。
しかし、整形外科を受診しないで接骨院だけに通院していると、保管会社から治療の必要性や施術の有効性などを疑われて保険が支払われないようなこともあるため、むち打ち治療を受ける場合は、整形外科ときちんと連携している接骨院を選択することをおすすめします。

02交通事故治療の実績がある

病院ではなく接骨院でむち打ち治療を受けるのなら、必ず交通事故治療の経験や実績が豊富にあることを確認しましょう。
今ではインターネットという便利な道具があるので、自分が通おうとしている接骨院のホームページの内容をしっかり精査してから通院することを推奨します。

03信頼できる柔道整復師がいる

接骨院には医師はいなくて柔道整復師が全ての施術を行うため、特にむち打ち治療などのケガの治療を受ける場合は、信頼できる先生がいるところを選択しなくてはいけません。
接骨院によっては柔道整復師以外の何の資格も持たない人が施術を行うところもあるので、そのような接骨院は避けて、インターネットの口コミなども参考にして、安心して通えるところを選んでください。

08むち打ち治療は通う接骨院と整形外科とは何が違うの?

まず、整形外科とは医師が診察をすることが接骨院との大きな違いです。医師は診察ができ
ますが、柔道整復師には診察を行う資格がありません。
医師ができる交通事故治療には、レントゲン、MRI、CTなどの画像検査があり、他にも投薬や注射や手術などを行うことができます。また、診断書を作成できるのも医師だけです。
とは言え、医師だけがむち打ち治療を行えるということではなく、接骨院や整骨院でもきちんとした治療を受けることは可能です。
また、医師でなく柔道整復師が施術を行う接骨院でも健康保険や労災や自賠責保険などの公的な保険を利用することもできます。
健康保険が適用になる接骨院で行うことができる施術には、骨折、打撲、捻挫、脱臼などいろいろなものがあります。その中にはむち打ちも含まれていて、ぎっくり腰や肉離れや靱帯損傷などを改善させることができます。
接骨院では交通事故によるケガの他にも、スポーツで起きた急性の痛みや外傷の痛みを、薬に頼らず軽減させることを得意としています。
むち打ちは頚椎捻挫や腰椎捻挫などとなるため、主に自賠責保険を使って窓口の通院が可能です。

09むち打ち治療を受ける方から寄せられる相談事例を紹介

むち打ち治療を受ける方から寄せられる相談事例を紹介

交通事故でむち打ちになってしまい痛みを伴っている方は、いつ痛みが改善されるのか心配になり、症状が長引いている方は特に時間が経つにつれ不安が大きくなってしまいます。
一口でむち打ちと言ってもいろいろな症状があって、それによって治療にかかる期間も異なるわけですですが、治療が長引く方から多く寄せられる相談には、病院以外で受けられる治療にはどのようなものがあるのか?というものがあります。
追突事故などに遭った場合はまずは整形外科で治療を受けることが基本で、そこでは投薬治療やリハビリなどに対応してくれます。また、どうしても痛みが取れない場合は、ブロック注射などもしてもらうことができます。
しかし、現実には病院だけではむち打ちを完治できないケースも多く、そのような方は平行して接骨院や鍼灸治療院に通うことが有効となります。
鍼灸治療は、その名の通りに針やお灸を使用する治療法で、首や肩や腰などの痛みの緩和に効果があり、むち打ちにも有効だとされています。
接骨院では、マッサージや矯正などにより、病院では完治させられないむち打ちの痛みを改善させることも可能です

10むち打ち治療に関する良くある質問を3つ紹介

質問 むち打ちにはどのようなタイプがあるの?
回答 むち打ちにもいろいろなタイプがあって、最も多いのは「頚椎捻挫型」です。
このタイプはレントゲンやMRIでも異常が見つからないために、医学的には患者本人だけが自覚症状を持っているというケースも多く、病院ではなく接骨院でなどで完治させられることも少なくありません。
重度なむち打ちになると「椎間板ヘルニア」を発症させることもあります。その他にも「神経根型」「脊髄型」「脳脊髄液減少型」などがあります。
質問 痛みがなくなったら通院を停止しても良い?
回答 追突事故でむち打ちになってしまった場合は、目安として半年間は通院することをおすすめします。
むち打ちでは、症状固定するまでに一般的に3ヶ月〜半年は要すると言われています。
仕事などが忙しくて痛みが緩和されるとついつい通院を止めてしまう方も多いようですが、医師からもう通院しなくても良いと言われるまで、継続してしっかり診てもらいましょう。
質問 接骨院ではどのようなむち打ち治療を行うの?
回答 接骨院では病院のように投薬治療やレントゲンやMRIなどの撮影を行うことはできませんが、その代わりにマッサージや運動療法やストレッチや物理療法など、症状に合わせていろいろな施術を提供できるようになっています。

11むち打ち治療を受ける接骨院を選ぶときに注意すべきこととは

POINT 1.国家資格の有無を確認しよう
接骨院や接骨院では、柔道整復師という国家資格を取得した者が施術を行うことになっています。
しかし、リラクゼーション系の施術を中心にしているところでは、無資格者が施術を提供しているケースもあります。それを目的として接骨院に通うならとやかく言うこともないと思いますが、むち打ちなどの交通事故治療を受ける場合は、無資格者に施術を受けるわけにはいきません。
さらに、有資格者でも交通事故治療の経験が浅い場合は、まともな治療は受けられないと考えた方がいいでしょう。


2.情報公開がしっかりなされている
今の時代はほとんどの接骨院がネット上にホームページを掲載していて、その中でしっかり情報を公開しています。
したがって、そもそもホームページを持っていない接骨院は論外で、それがあったとしても内容を見てどんな治療を提供していて、誰が治療をするのかが明確になっていない場合は利用しない方が賢明だと言えます。


3.毎回担当者が変わらない
リラクゼーション系の施術を受けに行くならまだしも、交通事故治療を受けに行くのに毎回のように担当者が変わるようなら、通う接骨院を変更した方が良いと思います。
症状やあなたの体のことをきちんと把握するには、毎回同じ人に施術をしてもらう必要があります。

12むち打ちなど交通事故治療に関することの業界用語を紹介

むち打ちなどの交通事故治療に関することで聞いたことがないような言語は、整形外科や接骨院などで治療を受けていればいろいろ耳にします。
優秀な医師や柔道整体師なら、治療を受けている患者さんに難しい言葉でも分かりやすく説明してくれる場合が多いようです。ここでは、交通事故治療で行われる検査に関する言葉を紹介します。
スパーリングテストとは、頭部を症状がある側に傾けて、上から手で押さえつけるテストのことです。神経根が圧迫されているときには症状がある側の腕にしびれが発生します。
ジャクソンテストとは、片手で頭部を症状のない側に傾け、もう一方の手により症状のある側の肩を押し下げるテストです。スパーリングテストと同じように,神経根が圧迫されているときは症状がある側の腕にしびれが発生します。
アドソンテストとは、胸郭出口症候群の診断に使われるテストです。
胸郭出口のおける鎖骨下動脈の拍動を調べることにより、神経束の圧迫を調査できます。特に斜角筋症候群の診断に利用され、 検査方法は,まず座った状態で前腕を膝の上に乗せ、次に頭を手のしびれがある方にできるだけ強く向け,その後,痛みの無い範囲で上を向くような姿勢を取ります。
最後には息を深く吸い込み,数秒間息を止めてもらいます。 手のしびれなどの症状があったときには,陽性として斜角筋症候群と診断します。

FAQ一覧

交通事故治療むちうち治療

PageTop